公文書管理のあり方に関する政策検討会議 座長就任

<スタッフ投稿>
公文書管理のあり方に関する政策検討会議にて座長に就任しました。

ーーFacebook投稿転載
大津市議会局

2021年12月23日 17:12  · 
12月21日(火)、公文書管理のあり方に関する、4回目の政策検討会議を開催しました。

この会議は、公文書の適正な管理や利用などにより、市政が適正かつ効率的に運用されるようになるとともに、市政に関する市民の知る権利を尊重し、市の諸活動が現在及び将来の市民に説明する責務が全うされるようになることを目的として設置されたものです。

今回は、座長の交代を行い、新たに八田憲児議員が座長に就任しました。
また、これまで行ってきた大津市における文書管理と情報公開の問題点や課題についての議論や、有識者との意見交換を踏まえて、今後の会議の進め方を協議しました。

次回の会議では、公文書に関して市の担当職員と意見交換を行う予定です。

☆政策検討会議☆
https://www.city.otsu.lg.jp/gikai/kaikaku/1459823122646.html


☆大津市議会ミッションロードマップ2019の進捗状況(令和2年度)をお知らせします☆https://www.city.otsu.lg.jp/gikai/news/32771.html
--

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA